横浜 家 売却

横浜市の家を売却するときに高く売る方法

横浜市 不動産 売りたい

横浜市 不動産 売る

横浜市 不動産 売買

横浜市 不動産 査定

横浜市 不動産 高く

 

横浜市の不動産会社を検索すると、3100件以上ヒットします。
この中から不動産を一番高く買い取ってくれる不動産屋を選ぶのは至難の業です。

 

そもそもこんなたくさんある不動産屋から、どうやって1社を選び出せばいいのかもわかりません。
しかも不動産屋はどこでも同じというわけでもないので、適当に選ぶわけにもいきません。

 

不動産売買には専門的な知識が必要ですから、しっかりしたところに依頼したいですね。
それとできるだけ高く処分してくれる不動産屋を見つけたいですね。

 

そんな不可能に近い条件で不動産会社を探す方法が不動産一括査定です。

 

不動産の情報を一度入力するだけで、その不動産の査定価格を複数の優良不動産会社から取る事ができます。
複数の会社から査定してもらうことで、その不動産の相場や最高値が分かります。

 

まずは60秒査定をしてみませんか?

 

横浜市 不動産 買取

 

 

不動産登記制度

 

横浜市 不動産 登記簿

 

不動産の持ち主は一体だれなのか。それを知るための方法が登記簿の確認です。

 

不動産に関する権利や義務について登記簿に記載することを「不動産登記」と言います。
不動産登記は法務局で行われます。

 

登記簿に不動産の場所や大きさ、持ち主の情報、売買記録などを登録することで、その土地や建物が現在は誰のものかはっきりします。
登記簿は不動産売買には欠かせない書類です。

 

登記簿には誰でも閲覧できる制度が設けられており、これを「登記簿制度」と言います。

 

登記制度があることで、第三者に自分の不動産の価値や権利を主張できるようになります。
不動産をめぐる権利を客観的にすることで、不動産取引の安全を図り、自分の権利を守る事ができるというわけです。

 

登記簿に登記できる権利は、所有権・地上権・賃借権・地役権・永小作権・抵当権(根抵当権)・質権・先取特権などがあります。

 

 

登記簿の構成

 

登記簿 構成

 

登記簿は不動産の種類が土地でも建物でも、表題部と権利部にわかれています。
権利部は甲区と乙区に分かれています。

 

 

・表題部:どこにどんな不動産がどんな状態で存在しているか記載しています。
建物であれば所在地・建物の家屋番号・種類・構造・床面積などが記録されており、土地であれば地番・面積などが記録されています。

 

・権利部(甲区):所有権に関することを記録する部分で、所有権者の氏名や住所、不動産を取得した原因・年月日などが記載されています。
歴代の所有者が記載されており、一番最後に記載された人が現在の所有者となります。

 

・権利部(乙区):不動産の所有権以外の権利を記録する部分で、主に用益権と担保権に分かれます。
用益権とは、賃貸権や地上権などの他人の不動産を利用する権利。
担保権とは、抵当権や質権など、債務者がその債務を履行できない場合に備えて、権利者がその債権を担保とするために設定する権利。

 

売り主から不動産を購入する場合に、その不動産に担保が設定されている場合は所有権を失う可能性があるということがわかります。

 

不動産売買の取引の前には、必ず登記簿を調べて不動産の権利の状況を確認する必要があるのです。